お問い合わせは03-5731-5731

20220120110144
お知らせアイコン

2022-01-14LOUNGE

【レストラン】日本酒会(1/21)

リバティヒルクラブ併設のレストラン「ソルフェージュ」では、2022年1月21日(金)に、「日本酒会」を開催致します。

nihonshukai_tirashi.jpg


酒処秋田出身で日本酒利き酒師の資格も持つレストラン「ソルフェージュ」のマネージャー佐藤が提案する日本酒とシェフ・今岡が日本酒に合わせた洋風おでんを提案致します。

新春ということもあり飲む機会が多い日本酒と、真冬に欠かせないお酒のおつまみ・おでんがテーマ。

タイプ別5種類の日本酒をソムリエ・佐藤がセレクトし、ご家庭でも馴染み深いおでんをシェフ・今岡が洋風にお仕立てし、楽しみながら日本酒とペアリングを体験して頂きます。
皆様の御予約お待ち致しております。

開催日時:2022年1月21日(金)
 受付開始 17:30
 スタート 18:00

定員:12名様
 (お一人様でのご参加も大歓迎)

料金:¥5,500(税・サービス料込)

内容:
・日本酒5種類(大納川の酒5種類)
・シェフとソムリエが提案する、洋風おでん

大納川とは
大納川は、横手盆地の北西、霊峰保呂羽山(ほろわさん)の麓、太古から伝わる国の重要無形文化財、霜月神楽のふるさとである横手市大森町にあります。
蔵の歴史は古く、今から300年ほど前、船乗りであった先祖が当地に居を構え商いを行うとともに大正三年に酒造業を始め、創業以来横手の地酒として人々に長く愛され続けています。
また、社名や銘柄にもなっている「大納川」は、地元の中心を流れる川の呼び名から命名しました。

酒蔵の特徴
私たち大納川は秋田県南部横手市にある蔵人6人の小さな酒蔵です。
造り手の思いをファンの皆様へしっかり伝えられるように、機械に頼らず極力手仕込みで酒を醸すようにしております。
雪国秋田の中でも横手は特に雪の多い街です。有名な「かまくら」をはじめ、この地で暮らす人々の風土や文化は雪とともに育まれてきました。
杜氏の佐藤好直を中心に、地元の空気・蔵の雰囲気を1本の瓶に丁寧に詰め込み、令和元酒造年度より純米蔵となり、全量瓶貯蔵を行っております。

酒造りについて
大納川は、出羽丘陵の酒造りに適した清廉な水を仕込水に使い、山内杜氏伝統の秋田流寒仕込みで醸されます。
特に力を入れているのが原料処理です。蔵直下20メートルを流れる保呂羽山の伏流水を用いての洗米作業、甑への盛りはすべて手作業で
行っております。
「飲んで酔うだけでなく、心を酔わす酒を醸したい」そんな蔵人の思いが伝わるよう人手がかかる部分に入念に取り組み、蔵人一丸となり醸しています。

杜氏紹介「佐藤好直」
酒造りの総責任者を杜氏(とじ)と呼びます。
その中でも秋田県横手市山内村出身で形成される「山内杜氏(さんないとうじ)」は全国5大杜氏集団の一つであり、その精巧な酒造りと技術は伝統として代々引き継がれております。
大納川の杜氏「佐藤好直」は25年の酒造経験を持ち、山内杜氏としての誇りと使命を持ち、酒造りに日々取り組んでおります。
また、佐藤好直は酒造りだけでなく常に蔵の環境に目を配り、蔵の修繕全てを請け負います。

レストラン「ソルフェージュ」
Tel. 03-5726-8320

→ お知らせトップへ戻る

→ LOUNGEカテゴリーのお知らせトップへ戻る